賢明なる投資家を目指して

貯金1000万円を株式投資で運用して資産1億円を目指す30代会社員のブログ

貯金1000万円を株で運用して1億円を目指す

こんにちは、EI(@equityinvestor3)です。

貯金1000万円を運用して、2020年のオリンピックまでに、株式投資で資産1億円の達成を目指すブログを始めようと思います。

思いのままをつらつら書くブログを始めたいなあーと思っていたので、主に株式投資に特化したブログを書こうかと思います。

時期的にそろそろ金融危機のようなものが到来して、株式相場が暴落するんじゃないかという噂もあります。

ですが、思い立ったが吉日ということで、今日からブログを始めようかと思います。

株式投資を始めようと思ったきっかけについて

筆者は普段はIT企業で会社員をしている30代で、投資は余剰資金でちょこちょこやるぐらいでした。

そんな自分が2019年は新しい挑戦をしてみようと思ったきっかけは、有名トレーダーのcisさんの本でした。

この本でcisさんが書かれていたのは、上がっている株を買うというシンプルなものでした。

バリュー投資以外の手法の模索

世界一の投資家のウォーレン・バフェットは、バリュー投資家として有名です。

cisさんも当初はバリュー投資を試みていたようですが、うまくいかず、現在の投資スタイルに変わったようです。

ちなみに、バリュー投資は、割安な株を購入して長期保有して入れば、いずれ株価は本質的な価値に収斂されていくというような考え方です。

筆者もこれまではそのような投資手法が良いのかと考えていたのですが、cisさんの本を読んで考え方がちょっと変わりました。

このような背景もあって、2019年は異なる投資手法で、貯金1000万円ほどを運用してチャレンジしてみようかなと思った次第です。

2018年12月時点で注目している株式投資の銘柄

ちなみに2018年12月時点で注目している株式投資の銘柄は、以下の3つです。

これらの銘柄は、将来的に時価総額1,000億円以上の企業になるんじゃないかなと勝手に思っているという感じです。

注目している理由は別の記事で詳しく紹介しようかと思いますが、概要だけ説明するとこんな感じです。

はてな(3930)について

hatenacorp.jp

年末に向けて株価が急上昇しましたが、個人的にはまだまだ伸びると思っています。

というのも、これからブログを始める人にどのブログのサービスを進めるかというと、「はてなブログ」という人が多いからです。

有名なブログサービスには、他にも「ameblo」があります。

ですが、amebloはtiktokなどと同じように、芸能人などがいるがゆえに、一般の人々が始めづらい雰囲気があります。

一方、はてなブログは誰でも気軽に始めることができます。

はてなブログの唯一の弱点は「デザイン性」ですが、そこは今後も改善されていくことが見込まれます。

はてなブログのサービスはプラットフォーム事業でもあるので、消費者独占できる可能性があります。

人材採用の点においても、「はてなブログ」というサービスそれ自体が採用PRにもなっていますので安定的にエンジニアを獲得することができるのではないでしょうか。

さらに、はてなは「はてなブログ」だけでなく受託やTo Bのサービスも展開しているので、そちらの伸びも今後期待ができます。

くふうカンパニーについて(4399)

kufu.co.jp

くふうカンパニーに注目する最大の理由は、取締役会長穐田氏の存在です。

カカクコムやクックパッド時価総額をあげた実績をもち、個人的な考察ではインターネットメディア領域に強みを持つ事業家の印象です。

みんなのウェディングとオウチーノを統合し、直近では買収や新会社設立にも動いています。

  • 株式会社アールキューブの株式の取得(みんなのウェディングの強化)
  • 株式会社Zaimの株式の取得(マネーフォワードの競合)
  • 株式会社保険のくふう設立
  • 株式会社Da Vinci Studio設立(デザイン・テクノロジー領域)

結婚・住まい・お金というライフスタイルには切っても切れない領域で事業を展開していく姿勢が伝わってきますので、今後に期待できる企業です。

くふうカンパニーについて詳しく分析して記事にまとめたいと思います。

ZUUについて(4387)

zuu.co.jp

最後にZUUですが、現在は主に金融メディアを運営しています。

その他には金融機関のオウンドメディア支援や、最近では人材領域にも進出してきていますので、今後も順調にある程度まで伸びていくのではないかと考えています。

社長が時価総額を一つの目標に掲げていますので、そのあとはM&Aを仕掛けていくのか、その後の戦略次第といったところでしょう。

ただし現時点ではPERが高く割高になっているようには感じますので、非常に割安になったら購入しようかと考えている銘柄です。

2019年の株式投資戦略

2019年は、引き続き上昇相場が続くのか、それとも世界的な金融危機への警戒感から暴落が来るのか、まだわかりません。

日本では2020年に東京オリンピックがありますので、それに向けてまだ上がり続けるのかもしれませんし、先のことはわからないのが正直なところでしょう。

有名なcisさんの他にも、有名会社員投資ブロガーのmatsunosukeさんの本を参考にしてポイントだけ記載すると、下記のような感じです。

  • IPO投資に参加してこまめに利益を上げる
  • イベントドリブン投資に挑戦する(好材料ニュース前に投資など)
  • 現在時価総額が100億円以下ぐらいで、今後時価総額1,000億円を目指せると思えた企業があれば、中長期投資に取り組む(消費者独占企業など

これらの3本だてで挑戦していこうと思います。運用状況なども本ブログでちょくちょく報告しつつ、やっていければと思います。